視聴にはご登録の上ログイン下さい
登録/ログイン

IQ Bot活用による受注プロセスの自動化

小川 勝

山一電機株式会社
情報システム部 部長

このページを共有する

twitter linkedin facebook lock-pre
お客様講演

ペーパーレス化を進める上ではAI-OCRの利用は不可欠であるが読取精度100%の実現は難しい。しかしながら紙を利用した現状のプロセスにおいてもデータの入力と、確認のプロセスが存在しており、入力プロセスをAI-OCR(IQ-BOT)に置換える事で、業務プロセスの自動化を実現する活動をご紹介。

講演者情報

小川 勝

山一電機株式会社
情報システム部 部長

株式会社東芝に入社し、ハードディスクの製造・生産技術担当を経験後に情報システム担当を担い、SCM導入,ERP更新、更にはM&Aによるシステム統合等の各種プロジェクトリーダーを経験。2016年に東芝メモリ(現キオクシア株式会社)に転籍し半導体製造に携わるエンジニア業務領域へのRPAの導入を実現(2018年のImaginで紹介)。2020年10月より現職で山一電機のIT化およびDX化を推進中。